腸内フローラの3つの菌のタイプと理想の腸内細菌の割合ついて知り腸内環境を良くしよう

腸内フローラの菌のタイプと割合

 

腸内フローラの3つの菌のタイプと、理想の腸内フローラの割合について紹介していきます。

腸内環境を良くしたいと腸活を考えている方や、便秘でお通じが悪く悩んでいる方は、腸内フローラの3つの細菌について知って頂き、そのバランスを知って腸活をしていきませんか。

 

腸内細菌の3つの種類

腸内細菌は大きくわけて、3つの種類の腸内細菌に分類されています。
分類されている3つの腸内細菌は、下記となります。

 

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

 

それではこの3つの腸内細菌は、どのような働きをするのか見ていきます。

 

善玉菌

善玉菌

 

善玉菌は腸の動きを良くして、便秘や下痢といったお腹のトラブルが発生しないように、お腹の調子を良くする働きがあります。免疫力にも関係し、外部から入ってきた病原菌に対する抵抗力を促します。

 

お通じが悪い方は、善玉菌が減っている可能性があるので、食生活を見直して善玉菌を増やしていくことを努力してください。

 

善玉菌を増やす食事はこちらをお読みください。

 

悪玉菌

悪玉菌

 

悪玉菌は体に影響のある有害物質などを生成する働きをします。代表的な悪玉菌として、ブドウ球菌や大腸菌などが挙げられます。

 

オナラが臭いや体臭・口臭などが臭くなるのも、悪玉菌が生成した有害な物質血中に吸収されて全身にまわり、口臭・体臭などを引き起こす原因になったりします。また身体への影響もあり、酷い場合には肝臓などの内蔵にも影響を与えてしまう場合があります。

 

ただし悪玉菌も腸内に少なからず必要で、身体に必要な栄養素を生成する悪玉菌や、悪い病原菌に対して防御してくれる悪玉菌も存在するので、一概に悪いことばかりではないのです。肝心なのは悪玉菌が一定値以上増えないことが大切なのです。

 

日和見菌

日和見菌

 

日和見菌は名前のように、善玉菌の数が悪玉菌より多き時には善玉菌のような働きをし、悪玉菌が善玉菌より多い時には悪玉菌のような働きをする腸内細菌です。

 

この日和見菌ですが、腸内フローラの中では一番多い割合となっています。
善玉菌が日和見菌を味方に付けることによって、安定した腸内環境を作ることができるのです。

 

理想の腸内フローラの割合

紹介してきました3つの腸内細菌の割合は、腸内フローラのバランスにも大きく関係しています。腸内環境を良くするための最適な割合は下記となります。

 

  • 善玉菌 2割
  • 悪玉菌 1割
  • 日和見菌 7割

 

善玉菌が悪玉菌よりも多ければ、日和見菌が善玉菌の味方をしてくれるので、悪玉菌よりも多くなるように善玉菌を増やしていくことをしていきましょう。

 

腸活をしようとお考えの方には、食生活を意識して自然に善玉菌を増やしていく生活に変えつつ、腸内の善玉菌を増やすことを促すためにもビヒュズス菌が入ったサプリメントを飲むことをおすすめします。

 

ビヒュズス菌を腸内に届けるサプリメント下記をチェックしてください。

 

腸活におすすめの森永乳業のビヒダスBB536サプリメント

森永ビヒダスbb536を試してみたいと考えている方におすすめ!!
現在7日間分お試しセットが500円(送料無料)で、お試しすることができます。

 

ビヒダスbb5367日間分お試しセット

 

500円(送料無料)とお手頃な価格でお求めができるので、ご自身にあった腸活か判断するためにも、一度試してみる価値はあると思います。

 

このページの先頭へ戻る