腸内環境が悪いと太りやすい体質になり太るって本当?太りにくい体質になるヒントを知ろう

腸内環境が悪いと太る

 

腸内環境が悪いと太りやすい体質に変わっていき太るってしまうのは本当なのか調べてみました。

痩せたくて運動や食事制限などをしてもなかなか痩せれない人や、今までと同じ食事量なのに最近太るようになってきた人は、腸内環境が原因で太りやすい体質になっていることを知ってみませんか。

 

腸内環境が悪いと太る原因に

最近太りやすくなったと思う方は、実は太りやすい体質に変わってしまっていることを知ることが大切です。実は腸内環境が乱れると、太りやすい体質に変わってしまうことが、最近の研究で分かってきています。

 

一般的に年齢を重ねることによって代謝が衰え、太りやすくなったと言われるます。しかし代謝の衰えだけが、太りやすくなる原因ではないのです。
その原因とは下記のようなことです。

 

  • 肥満を防ぐための腸内細菌が減少して太りやすい体質に変化していく

 

よく痩せ菌・デブ菌などと言われますが、厳密には肥満を防ぐ腸内細菌が減少することによって太りやすくなるというのが正しいようです。

 

肥満を防ぐ腸内細菌が減少

 

この肥満を防ぐ腸内細菌は、短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)という物質を作成するようです。この短鎖脂肪酸が、エネルギー源を蓄積しようとする脂肪細胞に働きかけ、過剰なエネルギーの蓄積を抑制する役割をはたしているのです。

 

しかし何らかの要因により、腸内フローラのバランスが崩れて腸内環境が悪くなると、この肥満を防止するための腸内細菌が減少してしまいます。その結果、短鎖脂肪酸が作られなくなり、脂肪細胞が過剰なエネルギーの蓄積をしてしまうのです。

 

このように脂肪細胞にどんどんエネルギーの蓄積がされるようになり、太りやすい体質に変化していくことになるのです。

 

どうすれば太りにくい体質にもどせるのか?

一度減少してしまった肥満を防ぐための腸内細菌ですが、ちゃんと対処すれば肥満を防ぐための腸内細菌を増やすことが可能です。そのためには、肥満を防ぐための腸内細菌の増加を助けるための食生活に変えていく必要があります。

 

  • 野菜などの食物繊維が多い食べ物を多めに食べること

 

食物繊維の多い野菜

 

野菜などの食物繊維が多い食べ物は、肥満を防ぐための腸内細菌の増加を促します。
反対に野菜嫌いで食物繊維が不足すると、肥満を防ぐための腸内細菌が減り太りやすい体質へと変わっていくことになるのです。

 

太りにくい体質に戻すために、しっかりと食物繊維を含んだ野菜を多めに食べていきましょう。

 

また野菜が苦手で多めに食べることが難しい方は、サプリメントを活用して腸内細菌を増やす手助けをすることもできます。

 

このサイトでは森永乳業のBB536サプリメントを紹介しているので別のサプリメントとなりますが、同じ森永乳業が発売しているビースリー(ビヒュズス菌B-3)というサプリメントを摂取すると、肥満を防ぐための腸内細菌の増加を促進することができるので、ご興味がある方は下記ページをご確認ください。

 

森永乳業ビースリー

このページの先頭へ戻る