腸内フローラの乱れと肌荒れの関係性について

腸内フローラの乱れと肌荒れ

 

腸内フローラのバランスの乱れと肌荒れの関係性について紹介していきます。

肌荒れ(ニキビや吹き出物)や顔のくすみなどにお悩みの女性の方は、ご自身の肌荒れや顔のくすみの原因についてご存知でしょうか。
実は腸内フローラの乱れに大きく関係しているので、その原因について学んでいただき肌荒れの悩みを改善していただければと思います。

 

肌荒れの原因は腸内フローラのバランスの乱れにある?!

女性の方であれば、肌荒れや肌のくすみなどお肌のトラブルに悩んでしますことがあるかと思います。

 

その原因については、便秘やストレスなどと言われたりしますが、根本的な原因は実は腸内環境の乱れ、腸内フローラのバランスが崩れたことによる影響が関係しているのです。

 

まず腸内環境の乱れは大きく3つの原因があると言われています。

  • ストレス
  • 肉食や脂肪分の多い食生活
  • 加齢

 

この3つの原因が、腸内環境を悪化させる悪玉菌の増加を促してしまうのです。
この悪玉菌の増加によって、腸内フローラのバランスが崩れて腸内環境の悪化を招くことになるのです。

 

悪玉菌の増加

 

腸内環境の悪化と悪玉菌の増加で、次のような問題が発生してきます。

  • 便秘や下痢などのお通じに関するトラブルが発生する
  • 悪玉菌が作りだす毒素が血中に吸収されてことにより、お肌のトラブルが発生する
  • 免疫力の低下や肝臓などの内蔵への影響

 

肌荒れ(ニキビや吹き物)や肌のくすみは、悪玉菌から作りだされた毒素の影響が原因になっていたのです。
また便秘によりさらにストレスが溜まり、さらに悪玉菌の増加が促され負のスパイラルともいうべき悪循環に陥ってしまうのです。

 

このような状況になってしまうと、自然の放置しているとなかなか肌荒れを改善することが難しくなります。そのためは腸内フローラのバランスを整えて、腸内環境の改善していく必要があるのです。

 

腸内フローラのバランスを整えるにはどうすれば良い?

腸内フローラのバランスを整えて、腸内環境の改善をしていくには次のような方法があります。

 

  • ストレスの原因を減らす
  • 肉食や脂肪の多い食事を減らす
  • 発酵食品を意識して摂取する

 

ストレスの原因を減らすということですが、日常生活の上でストレスになっていることを回避できるのであれば、回避してください。ただし社会生活を送っている上では、回避できないようなストレスもあるので、こちらの方法では改善していくことは多くの人が難しいでしょう。

 

肉食や脂肪の少ない食事

 

次に肉食や脂肪の多い食事を減らし、悪玉菌の増加を抑える方法もあります。
こちらに関しては前述した方法よりも実行しやすいので、意識して取り組んでいくと良いでしょう。ただし急激にじっこうすると、それ自体がストレスとなるので注意してください。負担をかけずに、徐々に肉食や脂肪の多い食事を減らすことが大切ですね。

 

また善玉菌を増加させるためにも、発酵食品をとっていくことが大切です。
ただし毎日意識して摂取することは意外に大変なことです。

 

代表的な発酵食品

納豆・みそ汁・酒粕・ぬか漬け・甘酒・食酢・ヨーグルト・チーズなど

 

食生活を改善することを重視しながら、腸内環境の改善をしていきましょう。
またそれだけでは不十分に感じる方や発酵食品が苦手な方は、ビフィズス菌などの善玉菌を効率良く摂取できるサプリメントを活用することもおすすめします。

 

腸内環境の改善をサポートするビフィズス菌BB536について

このページの先頭へ戻る